中国の柳の葉のお茶で血糖値が100mg以上下がる

高血糖値が下がる

最近、中国で、青銭柳という柳の葉のお茶が開発され、糖尿病や高血圧に効果があると人気を集めています。
青銭柳は、中国・江西省の山岳部に自生する落葉樹で、糖尿病や高血圧に効果がある葉の形が中国古来の銅銭に似ているのでその名がついたといわれます。
このお茶について、中国の江西省中医学院などで150例以上の糖尿病患者を対象に行った試験の結果が報告されています。
それによると、育銭柳茶は血糖値を著しく低下させ、疲れやのどの渇きなどの症状を明らかに改善し、その有効率は73% でした。

実際につかってみた例です。血糖値が289mg/dlでした。健康な人では、血糖値の高い食後でも120~220mg/dlですから、高い数値です。
そこで、午前中と午後にそれぞれ1パックずつの青銭柳茶を飲んでもらったところ、飲み始めて1ヶ月で血糖値は168mg/dlに。2ヶ月後には117mg/dlと、ほぼ正常の範囲にまで下がったのです。
もちろん、その患者さんは食事や運動に注意し、生活習慣を正していたことでしょう。ですが、血糖値がこれほど下がるとは、生活の変化だけでは説明しきれません。
やはりお茶に効果があると考えられます。糖尿病には、インスリン依存型とインスリン非依存型とがあります。注射などでインスリンを補給することが不可欠のインスリン依存型の糖尿病に対しては、残念ながら青銭柳茶の効果はそれほど期待できないようです。
しかし、現代の糖尿病の9割以上を占めるといわれるインスリン非依存型の糖尿病に対しては、その効果が大いに期待できます。

効果の要因は、柳の成分のアスピリン

漢方の国、中国では、古くから柳の葉や枝を煎じて飲む習慣があります。かなり古い文献にも、柳のお茶が風邪の諸症状に効くと記されています。
これは、柳に含まれるアスピリンという成分の働きによるものです。アスピリンは鎮痛薬などとして家庭でもおなじみの医薬品で、西洋医学の薬と思われる人が多いでしょうが、元々は柳から抽出した漢方薬(柳葉) なのです。
アスピリンは、柳葉の成分を化学的に合成して作ったものです。アスピリンは鎮痛効果、解熱効果がよく知られていますが、血流をよくしたり、血管の詰まりを防ぐ作用があり、アメリカでは心臓病の予防薬としても利用されています。
一般に、心臓の働きに効を奏する薬は腎臓にも作用します。
人の体は、心臓、腎臓、肝臓がサークルを描くように関わりあっています。ですから、心臓の働きを高める薬が腎臓と肝臓にいい影響を与えることは、けっして珍しいことではないのです。
アスピリンもやはり、腎臓に作用して尿の出をよくする効果があります。さらに、アスピリンには糖を溶かす解糖作用があるのです。青銭柳茶には、柳のほかに山薬、甘革、黄芩などの生薬(漢方薬の材料) も配合されています。
育銭柳のアスピリンと同様の作用に加え、これらの生薬のもつ効能が協調して作用することで、糖尿病の症状である高血糖値や頻尿を改善することができるのです。
アスピリンは合成して作られているため、効き目が強い反面、眠気などの副作用の心配があります。
しかし、青銭柳茶は生薬でゆるやかに作用しますので、副作用の心配はありません。青銭柳茶は味もよく、料理との相性もいいものです。
飲むうえで特に注意することはありませんが、1つだけ、スパイスの効いた料理とは組み合わせないことです。特にワサビ、トウガラシ、コショウ、カレー粉などのスパイスは青銭柳茶の作用とけんかをしてしまうため、せっかくの効果が失われてしまうのです。

青銭柳茶はこちら。