ごろ寝が血圧を下げる

傷ついた血管は睡眠中に修復

血圧とは、心臓から送り出された血液が血管内を流れるとき、血管壁を押し広げる圧力のことです。
この圧力が高いほど血管への負担は大きく、血管が傷みやすくなります。血管への負担が重なると、動脈硬化を招き、やがて心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる心臓病) などの重大な病気になりかねません。
血圧は1日の中で刻々と変化しています。一般に血圧は、睡眠中が最も低く、朝から日中にかけて上昇します。
高血圧の養生法の一つとして、十分な睡眠をとることが勧められますが、これは、血圧が下がっている時間が長ければ長いほど、日中、高い血圧で傷んだ血管の修復ができるからなのです。
実際、睡眠時には血圧が大きく下がります。軽い高血圧の人なら、日中は血圧が高くても、睡眠時には健康な人と同じくらいになるほどです。
ただし、睡眠中でも血圧はやはり刻々と変動しています。騒音や電灯の光などの刺激があると、血圧は急上昇します。
静かな環境を保つ工夫をして、十分な睡眠をとるようにしなければいけません。血圧が気になる人は、この睡眠の効果を活用しない手はありません。
日中でも、体を横にして休む、つまり「ゴロ寝」をすることで、睡眠と同様の効果が得られます。
横になって休んでいると、心身がリラックスして、血圧はしだいに落ち着き、15分くらいでかなり下がり、30分もすると最も低い状態になります。最大血圧でだいたい一15~20mmHG、人によっては40mmHGも下がる場合もあります。しかも、ゴロ寝による降庄作用は、ふだんの血圧が高い人ほど大きいのです。高血圧の人は日中、できれば午前と午後の2回、30分ずつほどゴロ寝をしたいものです。仕事をしている人も、休み時間などを利用して、体を休める習慣が血圧を下げるきっかけになります。

なぜ、横になるだけで血圧が下がるか?

横になると、手足や内臓の無理な血管収縮がとれる

人間は重力の関係で、立ったままでいると血液が下半身にたまります。そこで、ある程度以上血液がたまらないように、そして大切な脳の血流がへらないように、手足や内臓の血管が収縮して、血液を心臓に押し返します。
これが血圧を上げているわけです。横になって休めば、手足や内臓の無理な血管収縮がなくなり、血圧が下がるのです。

横になると、腎臓を流れる血流量がふえ、血圧を強力に上げる物質であるレニンの活性が弱まる

腎臓に流れてくる血液量がへると、腎臓はレニンという物質を分泌し、その作用により血圧を上げて、腎臓の血流量をふやそうとします。しかし、横になると腎臓の血流量は自然にふえますから、レニンの活性が弱まって血圧は下がります。

リラックスすることで、交感神経の緊張がゆるみ、血圧を上げる作用のあるアドレナリンの分泌がおさえられる

自律神経(意志とは無関係に体の機能を調節する神経) の1つである交感神経が緊張すると、神経の末端からノルアドレナリンが放出され、また腎臓の上にある副腎という器官からアドレナリンが分泌されます。これらのホルモンは、血圧を上げます。横になってリラックスすることによって、交感神経の緊張がゆるみ、ノルアドレナリンやアドレナリン
の分泌がおさえられると血圧が下がるのです。

以上のような理由から、ゴロ寝をすることによって、血圧を下げ、傷んだ血管を修復することができるわけです。とはいえ、1一日中ごろごろしているのはよくありません。高血圧の改善のためには、適度な運動も欠かせません。ウォーキングや自転車こぎなどの運動は、血圧を下げる効果があることがわかっています。
医師に相談して、自分に合った運動を指導してもらい、生活に取り入れるようにしてほしいものです。
食事の面では、なんといっても減塩が高血圧療法の基本です。食塩は1日6g程度に制限するよう努めましょう。
タバコは論外です。アメリカでは高血圧療養の第一に禁煙があげられています。喫煙にょるニコチンや一酸化炭素は動脈硬化の進展に拍車をかけ、たとえ血圧を下げても功を奏さずに、心筋梗塞を起こす危険があります。お酒も、ストレス解消に役立つ面もあるとはいえ、暴飲は禁物。適量を楽しんで飲むことです。以上のことを、ゴロ寝とともに日常の習慣に加えるようにします。