牛乳はコレステロールを下げる作用がある。

マサイ族には心臓病がほとんどいない

牛乳を飲むとコレステロール値が高くなるから飲まない、というのを時々聞きますがが、これは誤った考えです
。牛乳1一本( 200cc) の中には大さじ一杯分の動物性脂肪が入っています。この動物性脂肪に多く含まれている飽和脂肪酸という脂肪成分がコレステロール値を上げる、と欧米でいわれたのが、牛乳を飲むとコレステロール値が上がるという誤解が生まれたきっかけでした。
しかし、当時はしっかりしたデータに基づいて牛乳とコレステロールの関係が研究されたわけではありません。
単なる推測にすぎなかったのです。そして、この推測は日本にも入ってきましたから、まことしやかに伝えられてしまったのです。
では、実際のところはどうかといえば、牛乳を飲んでもコレステロール値は上がらないのです。むしろ下がるという報告があるくらいなのです。その注目すべき報告は、東アフリカのマサイ族の食生活を調べてわかりました。
マサイ族はヒツジやヤギの肉、トウモロコシのお粥、野生の果実のほかに4~5L 牛乳を飲んでいます。
ところが、総コレステロール値は低く、虚血製臓病(心臓に栄養を送る太い動脈が狭まったり詰まったりして起こる病気) にかかる人はほとんど見当たらなかったのです。
また、同様の報告はアメリカにもあります。1日2Lの 牛乳を2週間飲み続けたところ、総コレステロール値が平均で… 20~30mg/dlだ下がったことが示されています。日本国内でも馬県内の人たちを対象に、牛乳を飲んだらコレステロール値がどう変化するかを調べたことがあります。
その結果、牛乳を飲むと、低コレステロール血症( コレステロールが少なすぎる状態)の40~60代の男性では、牛乳の摂取量とコレステロール値との間に関連性は見られませんでした。

食物絶維の摂取が大切

牛乳を飲んでコレステロール値が下がったというマサイ族やアメリカ人の例が日本人にも当てはまるかどうかはわかりませんが、同じような効果が得られる可能性はあります。
ただし、私は、牛乳だけでコレステロール値を下げようとするのは少し無理があるかもしれません。
なぜならば、日本人の場合、コレステロール値が高いのは、食物繊維の不足が原因になっていることが多いからです。コレステロール値を下げるのが目的なら、食物繊維を多めに摂ることを、お勧めしたいのです。
食物繊維には、水に溶ける水溶性のものと水に溶けない不溶性のものがあります。水溶性の食物繊維にはインゲン豆・ソラ豆・ニンジン、果物類に含まれるペクチン、コンニャクイモに含まれるマンナン、海藻に含まれるアルギン酸などがあります。これらの食物繊維は、糖の吸収をおさえて肝臓での中性脂肪(人間の体内では最もありふれたタイプの脂肪) の合成を低下させる働きがあります。
アルギン酸にはコレステロールを体外に排出する作用、マンナンやペクチンにはコレステロールの腸からの吸収をおさえる働きがあります。
一方、水に溶けない不溶性の食物繊維には、野菜や果物などに含まれるセルロースやゴボウに含まれるイヌリンなどがあります。
これらの食物繊維は、コレステロールそのものや、コレステロールから作られる胆汁酸を結合・吸着して体外に排泄する働きがあります。
ですから、これらの食物繊維をたくさん摂ると、コレステロール値が下がるのです。コレステロール値は、高くても低くてもよくありません。
高ければ動脈硬化の原因になりますが、コレステロールは血管や臓器の細胞膜の材料でもあるので、低すぎると血管がもろくなるなど、さまざまな障害が出てきます。ですから、コレステロール値の高い人は下げ、低い人は上げて正常値に保つことが大切なのです。
食物繊維をしっかり摂取した上で、ウォーキング(歩くこと) や水泳を行うと、さらに効果が期待できます。牛乳は、カルシウムの供給源として優れた食品ですので、大いに飲むべきでしょう。

1日に最低600mgのカルシウムを摂取しなければなりません。この数字は外国人の摂取量に比べてかなり低い数値ですが、それさえ満たせていないのが現実です。そこで、コップ1杯になる200ccの量でのカルシウム200mgが含まれ、腸からの吸収率が抜群にいい牛乳の摂取をお勧めするのです。最低でも1日1杯を飲むように習慣づけるといいでしょう。
中には
1杯飲むのがやっと、という人もいるでしょう。そんな人は、牛乳を料理に使ってみてください。たとえば、シチューとかグラタンなどを食べる機会を多くします。そうすると牛乳の摂取量が自然と多くなります。アメリカ人はかなりの牛乳を消費しますが、牛乳を飲むだけでなく、料理にもさかんに使っているのです。

食物繊維摂取が基本ですが、難しい人は、イサゴールなどを活用するのひとつの方法です。