カテゴリー別アーカイブ: 未分類

老化を遅らせるための3大項目、ベスト3を実行して血管をもっと元気に

血管をもっともっと若返らせることが、イコール「若返り」ですが、これもあれも…とたくさんの情報があふれてどれを意識したりがんばったりしたらいいのかがわからなくなってしまいます。そんな人のために「若返りのベスト3」を紹介したいと思います。
老化を遅らせるためのには

  1. 活性酸素の除去
  2. 病気・事故の防止
  3. 適切な水分補給

です。

活性酸素の害

老化は、誰もが避けて通ることは出来ずにしかも治ることが期待できない唯一の病気ともいわれています。不老不死は、人間である以上夢物語といえるでしょう。しかし、老化を遅らせることは、努力次第で可能です。生きていくためには、摂取した栄養分を体内で燃やしてエネルギーを作り出すために「酸素」を必要としますが、その過程で「活性酸素」が発生します。
さらに、過剰な運動をしたとき、強いストレスを受けているとき、喫煙などでも多く発生します。活性酸素は、体内に侵入した細菌を殺したり、消毒作用を発揮したりして重要な働きをしていますが、一方で活性酸素は「諸刃の剣」で、体をサビつかせて老化の促進、がん細胞の発生、動脈硬化など生活習慣病の原因となることも知られています。

体内では、発生する活性酸素の書から身を守るために「抗酸化酵素」が作られていますが、加齢とともにその働きも低下していきます。活性酸素の除去が期待される栄養成分としては、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛やセレンなどのミネラル、ポリフェノールなどがあります。これらの成分を含む食品としては、次のようなものがあります。

ビタミンC

いちごやレモンなどです。

ビタミンE

アーモンド、ピーナッツ、うなぎなどです。

亜鉛

かき、チーズなどです。

ポリフェノール

赤ワイン、プルーンなどです。

ストレスが多い人が必要なビタミンはこちらです。

病気と事故に気をつけて、寝たきり予防

老化が問題になるのは、老化が進むと病気になる可能性が急増するのと同時に、事故を起こしやすくなるからです。加齢により体のバランスがとれにくくなり、体を動かすことが少なくなるため筋力が容易に低下し、転倒しやすくなります。それまで元気でばりばり働いていた人が脳梗塞や心筋梗塞をきっかけにどんどん体の状態が悪化してしまうケースもあります。最近は、40代前半でこのような状態になる人も増えています。

つい去年まで楽にできていたことが急に今年からできなくなったりします。子供の運動会でお父さんが転倒しまくるのも加齢によりうまく走れないのです。ただし、普段から走ったり運動をしているお父さんはそれなりに走ったりができます。
また、視力の低下や、脳梗塞やパーキンソン病などの病気でも歩行が困難になるため転倒しやすくなります。だ転倒したときに大腿頚部(下肢の付け根)を骨折したり、頭を打って頭蓋内に血の塊ができ、認知症と似たような症状が出る「慢性硬膜下血腫」をきたしたりします。
こうした事故や病気によって長期間の安静が続くと、さまざまな身体機能がん著しく低下することで、寝たきりとなったりします。

体内の適切な水分量

人間の体の60% は水分で出来ています。加齢による身体機能の変化のひとつに、この水分量が減少することがあげられます。運動や入浴で汗をかいたときには脱水状態になりやすくなります。脱水は、血液の粘調度を高める、いわゆるドロドロ血になるため血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくします。

また、加齢によりのどの渇きを自覚しにくくなることもあります。こまめに適量の水分を補給することが大切です。ただし腎機能が低下している高齢者では、水分の摂りすぎは負担を掛けるので注意が必要です。1日に必要な水分量は年齢や体重など人によって異なりますが、味噌汁などの料理に含まれる水分も含めて、1~2リットルといわれています。冷たい水ではなく、常温の水を1日に何回もにわけて飲むのがポイントです。
若さを保つならやっぱり抗酸化力が強力な活泉水がおすすめです。
6~7割が水分なのですから少し質のいい水を摂るのが健康にいいことは言うまでもありません。無農薬野菜や有機野菜なんかも大切ですが、やっぱりまずは水です。