魚の「血管・血液若返り」成分は魚油のDHAとEPAで、特にEPAは中性脂肪、動脈硬化を退ける効果大

赤血球のマクを柔軟にする

DHA (ドコサヘキサエン酸) とEPA ( エイコサペンタエン酸) は、特に青背の魚(サバ、サンマ、イワシ、アジなど)に多く含まれています。そして、血液中の赤血球(全身に酸素を運搬する赤色を帯びた細胞) の流動性を高めるという、特筆すべき働きがあります。

血液が細い血管を通過するさい、赤血球はつぶれたりひしゃげたりして形を変える必要があります。そのため、赤血球を覆う膜には、ある程度の柔軟性がないと、血液は血管の中をスムーズに流れていきません。

DHAやEPAには、赤血球の膜の柔軟性を高め、細い血管でもらくに通過させる働きがあります。DHAやEPAを含む魚油をとれば、赤血球の流動性が高まって血流が促され、結果として動脈硬化が改善され、心臓病や脳卒中が起こる危険も少なくなるというわけです。

杏林大学での実験

杏林大学の柳澤厚生元教授は、冠状動脈に硬化が起こっている患者さん17人に、魚油の豊富な青背の魚と、野菜を中心とした食事をとるとともに、40分以上のウオーキングを過に3回行ってもらいました。その結果、動脈硬化を起こして狭くなっていた冠状動脈の内腔が平均で0.2mm広がっていました。

中性脂肪やコレステロールも減らす

ところで、DHAは脳に出入りできる数少ない物質の1つでもあり、脳を若返らせる働きや、視力を高める働きがあります。

DHAが脳内に入ると、脳の情報伝達が活発になり、脳の血流もアップします。その結果、脳の働きが高まって、認知症が改善したり、精神が安定したりすることがわかってきました。

一方のEPAには、血管を柔軟にして血流改善を強力に促し、血栓ができるのを防ぐ働きもあります。さらに血液中の中性脂肪やコレステロールを減らし、サラサラと流れやすい血液に変える働きもあるのです。以上のようなことから、EPAをとると血流がよくなって、動脈硬化の予防に大いに役立つといゝりわけです。

関連ページ: