乳酸菌がコレステロールを排出

ガン予防に役立つ善玉菌の乳酸菌

ロシアの生物学者メチニコフが「乳酸菌には不老長寿の作用がある」と報告しました。科学的根拠には乏しい報告でしたが、これをきっかけに世界中の科学者が乳酸菌に注目、さまざまな研究がなされてきました。
現在、科学的に解明されている乳酸菌の働きは、整腸作用です。「人の健康はおなかにとって有益な働きをこのような菌をもっているかで決まる」といわれるように、乳酸菌をはじめとして、体にって有益な働きをする菌を腸内に保持していることは、健康でいるためには重要なことです。
最近では特に、便秘解消のキーワードとして乳酸菌が紹介されている情報も溢れるほどあります。

乳酸菌は、腸内で食物の消化吸収を助けたり、ビタミンを合成したり、あるいは病気に対する抵抗力をつけたりといった働きをしながら、腸内の環境を整えています。つまり、乳酸菌は体に有益な働きをしてくれる善玉菌(有益菌) の代表といえるでしょう。

しかし加齢に伴って、体にとって好ましくない働きをする悪玉菌(有害菌)がふえ始めて、腸内細菌のバランスが崩れ、健康によい働きをする乳酸菌の割合がへってきます。すると腸に有害菌が付着し、さまざまな病気の原因となってしまうのです。

そこで、食品から乳酸菌を補充して、整腸作用を損わないように気をつけることが大切です。また、免疫力(病気などに対する抵抗力) の向1やガンの予防に乳酸菌が役立つことわかっています。
免疫力の向上には、乳酸菌の死んだ菌体も腸の特殊な細胞に作用することによって起こることが解明されています。
また、ガンの予防については、大きく2つの理由が考えられます。
乳酸菌には体内に取り入れられた発ガン性物質を無毒化する働きがあることです。そして、もうひとつは、腫瘍をできにくくするのです。ガン細胞をわざと植えつけたラット(実験用のネズミ) に乳酸菌を食べさせたところ、腫瘍の増殖が抑制されたという報告がなされています。

腸には1100兆個もの腸内細菌が存在し替玉薗の乳酸菌を増やす プロテサン S 濃縮乳酸菌

コレステロール排出作用

そして最近になって、「乳酸菌には血液中のコレステロール濃度をコントロールする作用があるのではないか」と、世界中の乳酸菌研究者の関心を集めています。
つまり、「乳酸菌がおなかの中の余分なコレステロールを分解して体外に排泄し、結果として血液中のコレステロール濃度をおさえるのではないか」ということです。
これについては、数多くの研究結果が報告されています。

ある一定の条件に基づいて試験管にコレステロールと乳酸菌をいっしょに入れたところ、コレステロールが分解されたとする報告があります。また、高コレステロールのエサだけを食べさせたラットの血中コレステロールと、高コレステロールのエサに発酵乳(牛乳などに乳酸菌を加えて発酵させたもの) を加えたエサを食べさせたラットの血中コレステロールを比較した報告もあります。この報告では、高コレステロールのエサだけを食べたラットの血中コレステロールが上昇したのに対し、発酵乳も食べさせたラットの血中コレステロール濃度は標準を維持したとされています。

また、乳酸菌の菌体の表面には、コレステロールを付着する性質があることがわかりました。これは生きた乳酸菌ではもちろんのこと、死んだ乳酸菌についても同じことがいえます。コレステロールを付着した乳酸菌はそのまま体外に排出されるので、結果として体内からコレステロールが排出され、血中コレステロール濃度が低下することになるのです。

ヨーグルトを続けるのがおすすめ

現時点では、乳酸菌には血中のコレステロール濃度をコントロールする作用があるのではないか」という説が確実に証明されたわけではありません。
しかし、数々の研究から、血中コレステロールを低減させるのに、乳酸菌の働きが十分期待できるということはいえそうです。

これから研究が進んでいけば、乳酸菌から血中コレステロール濃度を確実に下げる医薬品が生まれる可能性もあるでしょう。そのときまでは、食品から乳酸菌を摂取することになります。乳酸菌の入っている食べ物の代表といえばヨーグルトなどの発酵乳ですが、夏の暑い時期は製造後1週間以内のものを選ぶようにしましょう。

ただし、一点豪華主義といって、1つの食品ばかりを偏って食べていては百害あって一利なしです。
発酵乳が体によいからといって、極端な話、一日に1Lも摂取すると大量の糖分を摂ることになってしまいます。これでは、体にとって逆効果です。一度に大量に摂るよりも、適度な量を毎日続けることが大切です。毎日の栄養バランスのとれた食事とともに、1日200ml程度の発酵乳を毎日摂るようにすれば十分です。
5年、10年と続けていけば、この習慣がある人とない人とでは、大きな差が出てくるはずです。

ヨーグルトを毎日食べる(200gがベスト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です