若返り成分」カテゴリーアーカイブ

血管 血液若返り 魚の成分は魚油の DHA と EPA で 特に EPA は中性脂肪、動脈硬化を退ける効果大

血管 血液若返り 魚の成分は魚油の DHA と EPA で、特に EPA は中性脂肪、動脈硬化を退ける効果大 ですので DHA EPA が多く含まれる青魚をたっぷり食べましょう。質の高い油はダイエットにも向きます。

赤血球のマクを柔軟にする EPA は中性脂肪、動脈硬化を退ける効果大

EPA は中性脂肪、動脈硬化を退ける効果大

EPA は中性脂肪、動脈硬化を退ける効果大

DHA (ドコサヘキサエン酸) と EPA ( エイコサペンタエン酸) は、特に青背の魚(サバ、サンマ、イワシ、アジなど)に多く含まれています。

そして、血液中の赤血球(全身に酸素を運搬する赤色を帯びた細胞) の流動性を高めるという、特筆すべき働きがあります。

血液が細い血管を通過するさい、赤血球はつぶれたりひしゃげたりして形を変える必要があります。そのため、赤血球を覆う膜には、ある程度の柔軟性がないと、血液は血管の中をスムーズに流れていきません。

DHA や EPA には、赤血球の膜の柔軟性を高め、細い血管でもらくに通過させる働きがあります。DHA や EPA を含む魚油をとれば、赤血球の流動性が高まって血流が促され、結果として動脈硬化が改善され、心臓病や脳卒中が起こる危険も少なくなるというわけです。

杏林大学での実験

杏林大学の柳澤厚生元教授は、冠状動脈に硬化が起こっている患者さん17人に、魚油の豊富な青背の魚と、野菜を中心とした食事をとるとともに、40分以上のウオーキングを過に3回行ってもらいました。その結果、動脈硬化を起こして狭くなっていた冠状動脈の内腔が平均で0.2mm広がっていました。

中性脂肪やコレステロールも減らす

ところで、DHAは脳に出入りできる数少ない物質の1つでもあり、脳を若返らせる働きや、視力を高める働きがあります。

DHA が脳内に入ると、脳の情報伝達が活発になり、脳の血流もアップします。その結果、脳の働きが高まって、認知症が改善したり、精神が安定したりすることがわかってきました。

一方の EPA には、血管を柔軟にして血流改善を強力に促し、血栓ができるのを防ぐ働きもあります。さらに血液中の中性脂肪やコレステロールを減らし、サラサラと流れやすい血液に変える働きもあるのです。以上のようなことから、EPAをとると血流がよくなって、動脈硬化の予防に大いに役立つというわけです。

詰まりを防ぐ

関連ページ:

大学病院の 抗加齢ドッグ でも推奨されているベスト 3 はニンニク 青魚 赤ワインの 3 つ

大学病院の 抗加齢ドッグ でも推奨されているベスト 3 はニンニク 青魚 赤ワインの 3 つ

大学病院の 抗加齢ドッグ でも推奨されているベスト 3 はニンニク 青魚 赤ワインの 3 つ です。その 3 つ について紹介します。

私も実践したら効果を再確認 10 kg の減量に成功

シミやシワが多く、見た目の年齢が老けている人ほど、血管年齢も高いことが、大学の研究でわかりました。

そして、見た目の年齢とともに、血管年齢も若返らせる方法は エンドセリン1 と AGE を減らし、内臓脂肪をためないことです。

これらは、シミを増やし動脈硬化を進める共通の原因です。改善策として、最も身近で手軽、さらに効果的な方法は、食事のしかたです。

まず、「3角食べ」をしている人は、今日から野菜を先に食べ、続いて肉や魚、大豆などのたんばく質、最後にごはんやパンなどの炭水化物を食べるようにしましょう。

これにより、血糖値の急激な上昇を抑え、血管への負担を減らせます。ちなみに、私はこの方法で食べるようにしてから、運動療法も合わせて体重が10kg減りました。

また、内臓脂肪をためないためには、もちろん腹八分目に。食べ過ぎは禁物です。揚げ物や妙め物など、高温で急速に料理をすると AGE が増えてしまいます。できるだけ、煮る、焼くといった調理法をするとよいでしょう。

AGEの排除 純炭粉末 きよら

アンチエイジングに有効な食品

お勧めしている食べ物はまず、イワシなどの青魚です。青魚には、動脈硬化を予防するとされる不飽和脂肪酸のEPAが豊富です。

EPA は処方薬にもなっていて、これを服用した40代の女性は血管年齢が20歳も若返り、シミも小さくなりました。苦手だった青魚を食べるように心がけ、1年後に顔のシミの面積が小さくなり、見た目年齢が7歳若返ったという、60代の例もあります。

次に ニンニク です。体によいとされる食品の情報は多くありますが、医学的な根拠があるものだけをすすめています。

 

ニンニクについては、継続的な摂取により、血管の弾力性が増したというデータが1997年に発表されています。スパゲッティやチャーハンにニンニクを入れるとおいしさが格段にあがります。
50代の男性の患者さんは、ニンニク入りスパゲッティをよく食べるようにしたところ、1年ほどでカサカサだった肌にハリが出て、血圧も安定してきました。自炊などが難しい場合は、サプリなどを利用するといいでしょう。

また、お酒を楽しむのであれば赤ワインです。赤ワインには、レスベラトロールという、酸化を防止する物質であるポリフェノールが含まれています。

レスベラトロールのヒトにおける実験で、動脈硬化を防ぐことや、脳の血流量を増やすことで認知症を予防する可能性のあることが報告されています。1杯日はビールでも、2杯目からは赤ワインを飲むように習慣化できるといいでしょう。できそうなものを少しずつ取り入れ、若々しい血管と見た目を手に入れましょう。

若返り成分