カラカラの血管では老化がすすむ!質のいいミネラルウォーターをしっかり飲む

奇跡の水と言われるほどの「桜島 活泉水」は科学で効果が証明された

フランスのルルドの泉やドイツのノルデナウの水など、世界には「奇跡の水」と呼ばれる天然水が数多くあります。
これらの水は単なる「伝説」と思いきや、中には現代科学で効能がきちんと証明されている水もあるのです。水というと水道をひねれば出る水をイメージしますのでどうしても怪しい臭いがしますが、人の体は60%以上が水です。水にこだわるのが健康の第一歩というのは当然です。

たとえば、フランスルルドの泉やノルデナウの水は、天然の還元水であることがわかっています。優れた還元力で老化や病気の原因になるといわれる体内の活性酸素を除去してくれます。こうした働きによって、血液をサラサラにしたり、血糖値や血圧の改善、さらにはガン予防の効果などが期待できます。なお、本当に効果がある「奇跡の水」は

  1. 活性酸素を除去する還元力を有している
  2. 水の分子クラスターが極めて小さいため浸透力が高く、吸収と排泄に長けている
  3. 水と脂を乳化する力(界面活性力)がある

といった共通点があります。

日本にもあった奇跡の水

日本国内にも、この3つの共通点を兼ね備えた天然水があります。それが、鹿児島県・桜島の高アルカリ温泉水である活泉水です。甘く舌触りのよいこの水は、古くから鹿児島県・桜島で「万病に効く飲む温泉水」として親しまれてきました。

また、現在でも体によいさまざまな効果を持つ水として、多くの方々に愛飲されています。飲み水として活泉水を毎日摂っていたところ、血糖値や血圧、血中脂肪値、体重が低下したなど、多くの方々が多様な不調を改善しているのです。活泉水は、まさに日本の「奇跡の水」と言えるでしょう。

活泉水で実際に体調を改善している体験談

外部サイトにリンクしています。

活泉水は多様な作用がある

活泉水の特徴は、カルシウムやマグネシウム、ケイ素などのミネラル成分を体液に近いバランスで含むこと。水の粒子が一般的なミネラルウォーターの半分以下と非常に小さいため、体内への吸収・浸透がすばやいことです。

通常、釘やクリップなどの鉄製品を水に浸けておくと、サビが生じてしまいます。これは酸化現象という化学反応です。しかし、活泉水に釘やクリップを浸けておいてもサビが生じないのです。なぜなら、酸化還元力を活泉水は持っているからです。

人間の体内にでも酸化現象は起こっています。細胞が酸化することで、老化や病気が発生するのです。したがって酸化還元力に優れた清泉水を継続飲用すれば、細胞の酸化原因となる体内の活性酸素量が減少します。
つまり、活泉水は老化や病気を防ぐ作用が期待できます。

また、活泉水は「油と混じる」というめずらしい特徴を持っています。活泉水に油を入れると、混じって乳化する(油を溶かして白くにごる)のです。すなわち、活泉水を飲用して体内に取り入れると、「血管などに付着した脂肪を溶かす」といった効果がもたらされると考えられます。

このように、他の水にはないさまざまな機能をもつ活泉水は、血糖値の抑制をはじめ、血中のコレステロールや脂肪の排出など、通常の飲用水では考えられないような健康作用を発揮します。

糖尿病に対する有用性も確認された

活泉水の多様な健康作用は、大学の研究機問で行われた実験でも証明されています。実験では、3ヶ月間にわたって1日に活泉水1000ccを5~6回に分けて摂取しながら、1回につき30分程度の歩行運動、いわゆる快適運動を週3回実施しました。

その間に、身体組織や自覚症状などを検証したところ、快適運動+活泉水を継続摂取することで、

  • 基礎代謝が向上する
  • 脂質代謝が改善する
  • 活性酸素量が減り、抗酸化力が向上する

といった作用が確認されました。
逃せないのは、活泉水の糖尿病改善作用です。この水は糖尿病と関わるブドウ糖の代謝を向上させる働きがあることが、実験データによって裏付けされています。

健康を保つにはしっかり水を飲む

人間の身体は、60~70% (成人の場合)が水分です。例えば血液の半分以上は血漿という液体で血漿の90% が水からできています。
そのため、水分がなければ、血液は液体ではなくなってドロドロに。すると、血液の循環が滞りがちになってしまいます。その結果、細胞が酸素不足や栄養不足に陥ったり、老廃物の排出が滞ったりなどし、身体にトラブルが起こりやすくなるのです。

反対に、水分が十分であれば、血液はサラサラに流れ、身体の不調も起こりづらくなります。ちなみに、体内へ吸収された水には体温細胞や酵素の働きを活発にし、身体の新陳代謝機能を正常にする働きもあります。そのほか、体温調節や排便のリズムを整え、副交感神経を優位にし、疲労感や緊張を軽減するリラックス作用も水は担っています。

年齢により体内に水分を保つ機能は低下し、身体の多様な能力を衰えさせていきます。ゆえに、「老いとは身体の水分が減少していくこと」といわれるほどです。ですから、加齢に従って水分の補給を真剣に考えることが強く求められるのです。水分の体外排出とバランスをとるために、1日に1500~2000ccの水をこまめに摂りましょう。

活泉水のように、よい効果を体へもたらす水を選ぶのが得策です。なお、活泉水には優れた利尿作用があります。そのため、飲み続けていると尿の回数が増えていきますが、それは体に溜まった毒素がどんどん排出している証拠です。きちんと効果を得るためにも、まずは3ヶ月以上を目安に活泉水を続けて飲んでください。以前との体調の違いをきっと実感できるでしょう。

さらにドロドロ血液を防ぐ生活習慣・食習慣も意識するとより効果的です。