血圧を下げる」カテゴリーアーカイブ

血管の若返りのために高い血圧は NG であることは言うまでもありません。どのように適正に血圧の値を維持するかを紹介します。

血栓溶解酵素が多い ミミズ食品 ルンブルルベルス プレミアム で粘りが強い血液をさらさらに変えると血圧が下がり、マヒの症状も軽減

血栓溶解酵素が多い ミミズ食品 ルンブルルベルス プレミアム で粘りが強い血液をさらさらに変えると血圧が下がり、マヒの症状も軽減 するという情報です。

血栓を防ぐには酵素の摂取が欠かせない ルンブルルベルス プレミアム

ルンブルルベルス プレミアム

ルンブルルベルス プレミアム

血圧は「サイレントキラー(静かな殺し屋)」と呼ばれるように、症状がないまま病状が進行し、脳梗塞や心筋梗塞などの命にもかかわる病気を招く原因になります。

高血圧が続くと血管内に瘤のようなプラークができ、それが傷つけば血液の塊である血栓ができます。そして、この血栓が脳の血管につまれば脳梗塞、心臓に血液を送る冠動脈につまれば心筋梗塞が起こります。

血栓は、血液がドロドロになって凝固したり、血流が悪くなったりすることでできます。

血栓を防ぐために重要なことは、酵素(化学反応を助ける物質)を多く含む食品をとることなぜなら酵素は、血液をサラサラにして血流を促す働きがとても強いからです。

酵素は、生の野菜や果物、納豆などの発酵食品に豊富に含まれています。しかし、毎日これらの食品を食べつづけることは大変です。

薬と同様の効果で血栓を溶かす

今から30年以上前、「ルンブロキナーゼ」という酵素をとって脳梗塞から回復した人の話を聞く機会を得ました。それがきっかけで、「ルンプロキナーゼ」に興味を持ち、くわしく調べはじめたのです。

「ルンブロキナーゼ」は、宮崎医科大学の研究グループが、食用ミミズから発見したもので、その研究成果は国際学会で発表されました。「ルンブロキナーゼ」には、血管内にできた血栓を溶かして血液をサラサラにする働きと、血管を拡張させる働きがあります。

とりわけ着日したのは、ルンブロキナーゼの血栓を溶かす働きが、血栓溶解薬並みに強いことです。

高血圧などが引き金で発症する脳梗塞や心筋梗塞の患者さんに対し、病医院では「ウロキナーゼ」や「t-PA」という血栓溶解薬がよく使われます。これらの薬は、プラスミンという血栓溶解酵素を体内に増やすことで、問接的に血栓を溶かします。

一方、「ルンブロキナーゼ」は血栓溶解酵素そのものであり、直接的に血栓を溶かしてくれます。また、ルンブロキナーゼには、出血が止まらなくなるといった副作用の心配もほとんどありません。

さらに、血栓溶解薬は点滴で体内に注入しますが、「ルンブロキナーゼ」は粉末状に加工されているため、手軽に口から摂取できます。

ルンブロキナーゼは、脳梗塞の発症からかなり時問がたって摂取しても作用します。実際、脳梗塞の発症から数日後に、ルンブロキナーゼを使って症状が回復した症例は珍しくないのです。

血管の網目の細かい血栓も取り除く

「ルンブロキナ一ゼ」は、まだあります。血管は、コラーゲンとエラスチン が網の目のように編まれた構造をしており、血栓はこの網の目にもつまることがあります。

「ルンブロキナーゼ」は血液をサラサラにして、この網の目につまった細かい血栓まできれいに取り除いてくれるのです。

この「ルンブロキナーゼ」を食用ミミズから抽出した「ミミズ食品」は多くの医療現場でも使用されています。

その結果、高血圧はもとより、脳梗塞の後遺症が軽減するなど、「ルンプロキナーゼ」の素晴らしい働きを確認しています。ただし、高血圧や脳梗塞の予防・改善には、通常の治療とともに食事の見直し、運動、禁煙なども重要です。

脳梗塞 心筋梗塞 後遺症の回復 に役立つ ミミズ食品 ルンブルルベルス プレミアム に注目が集まる | パワー

坂の のぼり おり が 血圧 を下げる

坂の のぼり おり が 血圧 を下げる

血管を若返らせるためには、血圧を下げることは欠かせません。坂の のぼり おり が 血圧 を下げる ので歩くこと、そしてさらに坂の のぼり おり をすればより効果的です。

脚を動かさないと 高血圧 になる 坂の のぼり おり

神社に願をかけるために、毎日石段を1 り下りし、お百度参りを続けているうちに、病気が治ったという話を耳にすることがあります。

願いがかなって喜ばしいかぎりですが、実はこれには医学的な根拠があるのです。1脚は第二の心臓」という言葉をご存じのかたも多いでしょう。心臓から動脈を通って送り出された血液は、体のすみずみをめぐつた末に静脈を通って再び心臓に戻ってきます。

しかし、心臓から最も離れた位置にある足は、地球の重力の影響で血液が心臓へ戻りにくい環境にあります。また、たしかに心臓は血液循環の原動力となっているのですが、足先の毛細血管から血液を引き戻す力はありません。

そこで、脚の筋肉を動かすことが必要なのです。脚には、全身の筋肉の約3分の2が集まっているといわれています。

この脚の筋肉をよく動かすことによって、筋肉の中を通っている静脈は圧迫されて収縮し、血液はスムーズに先へ先へと流れます。

つまり、脚から心臓への血液の戻りをよくすることによって、全身の血仙准循環がよくなるのです。このように脚の筋肉にも全身の血液循環を高める働きがある.ので、「脚は第二の心臓」といわれているのです。しかし、私たち現代人は脚の筋肉を使わないことが多くなっています。すると脚を含めた下半身の血液循環が悪くなり、それだけ上半身の血液がふえています。

すると、頭は充血し、のぼせやイライラが起こってくるのです。こうした状態が続くと、高血圧になってしまいます。もともと高血圧ぎみの人は、さらに血圧が上昇してしまうのです。

20 分以上の ウォーキング を 週 3 回 コレステロールが下がる

神社仏閣の参詣は 血液循環 をよくする

脚を動かさないために高血圧になってしまうことを避けるためには、もちろん脚の筋肉を活発に動かすことが重要です。

誰にでもいちばん手っ取りばやい方法は、歩くことだといえるでしょう。まずは背筋を伸ばし、胸を張って大股で歩きましょう。歩幅の目安は、自分の身長の2分の1程度。腕を大きく振ると自然と歩幅が広がってくることを自覚できるはずです。

また、後ろ足で地面をけり出すときに、ふくらはぎを伸ばすことを第一に考えるようにしましょう。そうすれば、先ほどお話しした全身の血液循環をよくするのに効果的です。歩くときの心拍数は1分間に100回程度がベストです。

多くても、220から自分の年齢を引いて、それを0.75倍した数の心拍数を超えないようにします。ふだんよりこころもち早足で、会話をしながらでも歩ける速さを目安に歩けばいいでしょう。

こうして連続して30分ほど歩くと、うっすらと汗ばんでくるはずです。このとき脚が血液を体中にめぐらせるポンプの働きをしてくれているのです。また、神社や仏閣を歩くコースに取り入れると、高血圧を解消する効果は数段上がります。

多くの神社仏閣は小高い丘の上にあり、たいていは石段がつきものです。こうした坂や石段を上り下りすると、平地を歩いているときよりも脚の筋肉は強く鍛えられることになります。

脚の筋肉の伸び縮みがくり返され、全身の血液循環が促されて高血圧の解消にいっそう効果的なのです。
坂道や丘を上るときには自然とつま先が上がり、ふくらはぎが十分に伸びます。また、石段を上り下りするときは、自然と足首を伸ばしたり曲げたりしているはずです。足首を伸ばした状態ではつま先に体重がかかり、ふくらはぎの筋肉が縮んでいます。

反対に、足首を曲げた状態では、かかとが地面に着き、つま先は上がり、ふくらはぎの筋肉が伸びています。こうした脚の筋肉の収縮や弛緩によって血管が圧迫されたり広がったりして、血液は心臓に戻りやすくなるのです。

坂や階段を上り下りすることによって全身の血液循環がよくなり、お百度を踏むことによって足の裏のツボを刺激する。冒頭に述べたような神社仏閣への参詣、お百度参りによって病気が治る例があるというのは、これらの相乗効果によるのではないかと推測できます。

毎日、神社仏閣へ参詣するのは難しいかもしれませんが、坂道や階段などの場所を見つけて歩いてみるのはいかがでしょうか。

血圧を下げる

腹式呼吸

腹式呼吸 が 血圧 を 安定 させ 高血圧 を 下げる

腹式呼吸 が 血圧 を 安定 させ 高血圧 を 下げる ので1日数回 腹式呼吸を意識するクセをつけるといいでしょう。腹式呼吸 を実践すると、交感神経の緊張が取り除かれるため、血圧の低下が見られます。実際、腹式呼吸をした後に、する前より10mmHGほど血圧が下がるのは、そんなに珍しいことではありません。

興奮 緊張 は 血圧 を 上げる 要因になる

血圧を上げる要因はさまざまですが、ストレスの影響も、そのうちの大きな原因のひとつです。
心身にストレスなどの刺激が加わると、交感神経(内臓などを支配し、血圧を高めるなど全身の活動力を高める神経) の緊張が起こります。

すると、腎臓の上にある副腎という器官からはアドレナリンというホルモンが、また、神経の末端からノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。アドレナリンは心臓から全身へ送り出す血液量をふやして、血圧を上昇させます。一方のノルアドレナリンは、末梢の血管を収縮させて、血圧を上昇させます。興奮したり、緊張したりすると、血圧が上がるのは、このようなしくみによります。

交感神経の緊張を取り除くことができれば、おのずと血圧が下がっていくわけですが、ストレスの多大な現代社会では、それもそれほど簡単ではありません。

腹式呼吸

そこでお勧めしたいのが、おなかを膨らませながら鼻から息を吸い、へこませながらゆっくり鼻から息を吐き出す呼吸法である「腹式呼吸」です。

腹式呼吸 を実践すると、交感神経の緊張が取り除かれるため、血圧の低下が見られます。実際、腹式呼吸をした後に、する前より10mmHGほど血圧が下がるのは、そんなに珍しいことではありません。
また、腹式呼吸を日ごろから習慣づけておけば、継続的に血圧が低めに安定してくる効果も見られます。

呼吸 のしすぎはかえって 血圧 をあげてしまう

肺の周りには胸郭という厚い壁があります。この胸廓を広げることで、肺が膨らみ、空気が入ってきます。反対に胸郭が狭ぎると、それに押されて肺は縮み、中の空気が出ていきます。
これが呼吸です。胸郭は、、上のほうが肋骨と筋肉でヨロイのように囲まれています。これを動かすには、たくさんのエネルギーが必要です。一方、胸郭の下を支えている横隔膜は、やわらかく薄い筋肉の膜です。この横隔膜を下げることによって肺に空気が入り、上げることによって空気が押し出されます。これが腹式呼吸の原理です。

胸で息を吸う、すなわち胸郭を動かす胸式呼吸に比べ、腹式呼吸では呼吸のために費やすエネルギーがごく少なくてすみます。

つまり、低燃費で車を動かすのと同じように、効率のいい呼吸ができるのです。ところで、腹式呼吸を誤解している人は、とにかく呼吸を大きくたくさんやればいいと思って、深呼吸をむやみやたらにくり返すようなことがあります。

これは、かえってよくありません。呼吸しすぎると、血液中の酸素はふえますが、その一方で炭酸ガスが過剰に出てしまいます。

すると、血液がアルカリ性になって交感神経が緊張してしまうのです。その結果、呼吸困難や動悸、けいれんなどの症状が出ることさえあります。これを「過呼吸症候群」といいます。人間が1分間に必要とする呼吸の量を「分時換気量」と【いいますが、この量はだいたい7L前後と決まっています。
それより多すぎても、少なすぎてもいけないのです。普通の呼吸の場合、1回の換気量は450ml程度で、1分間に一5~6回の呼吸が必要です。これに対して、効率のいい腹式呼吸では、一回650~800mlの空気を取り入れることができます。ですから、その分、呼吸をゆっくりと行い、回数をへらしたほうがいいのです。1分間に10回以下、できれば5、6回までへらせるといいでしょう。

自然な 呼吸 が一番効果的

腹式呼吸 では、体をリラックスさせ、おなかを膨らませながら、息を十分に吸い、そして、へこませながらゆっくり吐き出します。おなかを膨らませると自然に横隔膜が下がり、へこませると横隔膜が上がります。
息は、鼻から吸い、鼻から吐きます。吸ったときにちょっと息を止めると、肺のすみずみまで酸素を行き渡らせ、効率のよい呼吸ができます。注意したいのは、本人は腹式呼吸をやっているつもりなのに、実際は胸式呼吸になっている場合があることです。

少し前かがみになるか、あおむけになって、おなかに手を当て、おなかの動きを確認しながらやるといいでしょう。
また、力まずに、あくまでも自然に呼吸します。ときどき、息を吐き出すときに、必要以上におなかに力が入ってしまっている人がいますが、これではかえって逆効果です。

理想的にはいつも腹式呼吸になるようトレーニングするのがよいのですが、最初からそうはいきません。

まずは思いついたとき、すぐに腹式呼吸に切り換えるように心がけてください。1日に10分、20分でも、毎日実践してほしいものです。腹式呼吸は、疲れもよくとれ、精神も安定しますし、人間の基本的な健康法ではすぐに実践できる方法でもあります。

腹式呼吸は、高血圧の改善においても少なからず有効です。もちろん、薬物療法や食生活の改善など、不可欠の要素がほかにもありますが、私たちが生まれたときから行ってきた、「呼吸」という自然の営みを見直してみることは、とても大事なことではないでしょうか。

内臓脂肪を燃焼させ血管を修復する ホルモンの分泌を促す 「 血管若返り呼吸 」

血圧を下げる