コレステロール値の調整」カテゴリーアーカイブ

コレステロール値は血管の若返りを遠ざけてしまいます。コレステロールの調整について紹介します。

20 分以上の ウォーキング を 週 3 回

20 分以上の ウォーキング を 週 3 回 コレステロールが下がる

20 分以上の ウォーキング を 週 3 回 コレステロールが下がる のです。ウォーキングを続けると、コレステロールや中性脂肪が減少し、心臓病、肥満、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病 の予防になることが確認されています。

「はや歩き」がコレステロールを下げる 20 分以上の ウォーキング を 週 3 回

 

ウォーキングを続けると、コレステロールや中性脂肪が減少し、心臓病、肥満、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病 の予防になることが確認されています。
ウォーキングといっても、いろいろなべースの歩き方がありますが、最大酸素摂取量 の半分 の量を消費する運動強度で歩くのがいいこともわかっています。

半分程度の運動強度は年齢や体力レベルによって違ってきますが、具体的には、40歳以上では、運動した直後の脈拍が1分間で100~115になるようなペースが最適です。

10分も歩けばじわっと汗ばむ程度のペースです。この「はや歩き」こそ、脂肪の燃焼効率がとてもいい歩き方なです。

歩くことが動脈をやわらかくし、高血圧や心筋梗塞などの予防になることがわかったのです。
。総コレステロールも顕著に下がったケースもありました。当然、体脂肪も減少しています。

1週間に3回以上歩く

ウォーキングがこれほどまでに効果を発揮したのはどんな理由からでしょうか?最大酸素摂取量の半分の強度の運動は、体脂肪を最も効率よく燃やしてくれるからです。

体に蓄えられていた脂肪がよく燃え、血液中のコレステロールなどの改善にもつながったのだと考えられます。

片足立ちは、両目をつむったまま片足で何秒立っていられるかというバランス感覚のチェックですが、これもぐんと改善しました。これは、ウォーキングによって足腰の筋肉が鍛えられたためですが、こうした運動能力の改善によって転倒しにくい体づくりが可能であることもわかりました。

コレステロールを上げるためには、どんな歩き方をすればいいでしょうか?初めての人は、「20分以上 歩く」にこだわる必要はありません。歩く時間は最初、10分程度でけっこうです。それから徐々に時間を延ばします。

コレステロールや中性脂肪の値の改善をめざすなら、最終的に少なくとも20分以上(できれば30~40分) は歩きましょう。回数は最低でも週に3回、可能な人は毎日でもけっこうです。

歩き方のポイントは次のとおりです。

  1. あごを引いて背筋を伸ばす。視線は数10メートル先の路上を見る
  2. 両腕はリラックスさせ、足の動きに合わせて前後に大きく振る
  3. 着地はかかとから。そして、つま先で勢いよくける
  4. 歩幅は身長の半分より、やや小さめを目安にする。

以上のポイントをつかんだら、今度は、脈拍を目安にして歩きます。脈拍は、次の式で求めることができます。
50% 強度の脈拍= (最高脈拍-安静脈拍) ×0.5+安静脈拍

最高脈拍は(220-年齢) で求め、安静脈拍は実測します。このペースは簡単に見つかります。
まず、5分歩いたら立ち止まり、10秒間脈拍を計ります。
次に、その脈拍数を6倍します。その数が目標の脈拍数より多ければスピードを落とし、少なければ上げるようにします。夏場のウォーキングで大事なことは、水分を十分摂ることです。出がけにコップ一杯の水を飲み、帰ったらまた一杯というふうに、こまめに水分を補給してください。
また、炎天下に歩くことは避けましょう。どうしても時間がとれなくて日差しのある日中に歩くときは、必ず帽子を着用してください。心臓病などで治療を受けている人は、主治医と相談してから歩き始めるようにします。

コレステロール値の調整

ウォーキングにプラスするとより効果的!総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる コレステ生活

2 週間の 禁酒 が 脂肪値 を 半分 に

2 週間の 禁酒 が 脂肪値 を 半分 に するという情報です。普段からお酒を飲む人は2 週間の 禁酒 を取り入れるといいですね。

酒量を減らすことで危険因子が減少 2 週間の 禁酒

2 週間の 禁酒

2 週間の 禁酒

日本では、40代、50代の働きざかりの男性に、心筋梗塞や脳梗塞を起こす人が急増しています。発症年齢の低年齢化も深刻な問題になっています。日本人の3大死亡原因の2つを占めるこれらの病気の原因は、動脈硬化です。
この動脈硬化によって心臓の筋肉に血警供給する冠状動脈が詰まる病気が心筋梗塞、脳の血管が詰まって起こる病気が脳梗塞です。

動脈硬化は、血管の内壁にたまったコレステロールが原因で起こります。
高コレステロールになる重要な6つの原因を避ける習慣が大切です。

また、中性脂肪(体内の最もありふれたタイプの脂肪)については、まだ明らかにされていませんが、動脈硬化に関係があると考えられています。
エネルギー量を減らす工夫をすることも大切です。

内臓の周囲に脂肪がつく内臓脂肪の増加や、高血圧、軽い糖尿病がある人は、中性脂肪が動脈硬化を起こす可能性があります。ですから、血液中の中性脂防の数値を動脈硬化の指標と考えることができます。さて、コレステロールや中性脂肪と動脈硬化との関係、食生活や運動との関係を調べてみると、個人差が大きいことがわかります。
コレステロールや中性脂肪の数値が同じでも、動脈硬化がどんどん進む人と、それほど進まない人がいます。また、同じような食生活や運動をしていても、コレステロールや中性脂肪の程度には差が生じます。最近、明らかになったのは、食生活の乱れと運動不足に、アルコールの摂取が加わって、動脈硬化が進行する体質の人がいることです。

こうした体質の人は、40~50代の企業戦士に多く、適切な対策をとらないと、内臓脂肪の増加、高血圧、高脂血症、糖尿病が原因で動脈硬化がますます進行します。
そこにストレスや過労が加わって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすのです。

こういう人に有効な対策が、飲酒の上手な飲み方を習得することです。コレステロールの数値が高いというと、コレステロールを多く含む食品の摂取を控えるようにと、従来は、さかんにいわれてきましたが、酒の摂取をへらすほうが有効です。

多くの患者さんの中には、酒の量をへらすだけで、動脈硬化の危険因子である内臓肥満、高血圧、高脂血症、軽い糖尿病がすべて改善される人がたくさんいます。実際、こういう説明をしてもなかなか減らしたり、やめられないのがお酒ですが、酒量が多い人は、お酒をやめることでまだまだ改善の余地があるということです。

ほとんどの人は

酒を控えることががなぜ有効なのでしょうか。コレステロールを例にとって簡単に説明しましょう。コレステロールは肝臓で合成されますが、中性脂肪を50%含んだ状態で全身に運ばれます。その過程で、中性脂肪は分解され、エネルギー源として消費されます。ところが、アルコールの摂取が多く、体質的にアルコールの影響を受けやすい素因があると、中性脂肪の分解がうまくいかず、血液中にだぶついてしまうのです。

ビール大瓶1本は245kcl、日本酒一合は、290kcl、ウィスキーシングル1杯は80kcal、と、アルコールは、基本的に高カロリーです。また、アルコールは胃液の分泌をさかんにするので、食欲が増し、食べすぎを招きます。飲み会などでは普段食べる量よりたくさん食べてしまうのはこれが原因です。
しめのラーメンというのは命を削っている行為なのです。
しめのラーメンがやめられないのは脳が影響しているとも言われています。
ちょっと話がそれてしまいましたがアルコールの後のラーメンはしっかり自分でコントロールして今日からやめるべきでしょう。ついでにお酒を飲む前にはプレーンの水を飲むことがとても大切です。これはドロドロの血液を防ぐためです。「ビールを口にする前に水を飲むなんて!」と思ったあなたは是非、ビールを飲む前に水を飲んでください。お願いします。

適量のアルコールは善玉コレステロールをふやしますが、飲みすぎは、動脈硬化の危険を増大させる元なのです。酒の適量は、他人と比較できません。
ある人には日本酒二合が適量であっても、別の人には一合が適量というようにさまざまなのです。
そこで、自分の適量を知る必要があります。

効果的なのは、とにかく2週間禁酒してもらいます。そして、2週間後にコレステロールや中性脂肪の数値を調べます。すると、ほとんどがよくなります。
中には、2週間の禁酒でコレステロールや中性脂肪の数値が正常になる人もいます。食事制限によるダイエットでは、筋肉がへり、体重が落ちますが、酒をへらした場合には、体重はさほど変わらないのに、ウェストが確実に細くなり、ベルトの穴がて2個も余るようになります。このことは、内臓脂肪の減少を意味します。

このように症状が改善してくると、はじめ疑心暗鬼だった患者さんも禁酒のメリットを理解するようになります。
そして、さらに2週間の禁酒をすると、ほとんどの患者さんはコレステロールや中性脂肪の数値が正常になります。
その後は、禁酒を続けなくてもけっこうです。一定期間の禁酒によって、体がアルコールに弱くなるので、少量の酒で、心地よい酔いを感じることができます。

毎日、晩酌をする人はこちらでアルコール依存症の自己診断を行ってみるといいでしょう。

惰性で酒を飲むのをやめ、少量の酒を楽しめるようになればよいのです。まず、病院に行って空腹の状態で採血してみましょう。
そして、コレステロールや中性脂肪、血糖値、血圧などの数値をチェックしてください。2週間禁酒をして、また採血してもらい、効果を確かめてはどうでしょうか。

この禁酒の間にさらに禁煙も同時に実行すればさらにいいでしょう。

まずは、今日「ノンアルコール飲料」を購入しましょう。そしてお酒を断ちましょう。時間が経過するとせっかくの決心がいつの間にか揺らいでしまうのが人間ですから。強い血管にするためには強い意志が必要です。

コレステロール値の調整

総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる「コレステ生活」
https://more-supplement.info/use/archives/1379

女性 は 間食 の お菓子 を やめる だけで 血中脂肪値 が さがる

女性 は 間食 の お菓子 を やめる だけで 血中脂肪値 が さがる

女性 は 間食 の お菓子 を やめる だけで 血中脂肪値 が さがる ので脂肪値が高い女性は今スグに実行すべきでしょう。間食は、習慣化してしまうとタバコやお酒のように減らしたり、やめたりすることが意外に大変です。意識して量を減らしたり、回数を減らすことでくせになってしまった習慣をあらためることが出来ます。脳が糖質をほしがってしまうようになったら改善するのが困難です。

お菓子 果物 となどの 糖分 は 吸収 が 早い 女性 は 間食 の お菓子 を やめる だけで 血中脂肪値 が さがる

コレステロールは、成人病の元凶のようにいわれていますが、人間の体になくてはならない物質です。

コレストロールとはには、『人にとって欠かせない栄養素の脂質』です。

血液中のみでなく、脳や脊髄、筋肉、それに内臓など体のあらゆる部分、部位に含まれ、生命活動を維持しています。コレステロールの働きは、主に3つに分類されます。

「メタボ」などの表現が定着してしまい「 コレステロール イコール 悪 」というイメージを持ってしまっている人も多いと思いますが、とても大事な役割を担っていることをまずは頭に入れておきましょう!とイメージと認識を変えることも知識として必要です。

ただし、コレステロールが過剰にふえると、血管の内壁に付着して動脈硬化の元になります。最近では「死の四重奏」ということがさかんにいわれます。これについては、

  1. 内臓にたまる脂肪、つまり内臓脂肪、あるいは上半身にたまる上半身脂肪の増加
  2. 高血圧
  3. 高脂血症、特にコレステロールと中性脂肪の増加
  4. 糖尿病

の4つの動脈硬化を招く危険因子です。
この4つの危険因子がそろうと、心筋梗塞(心臓の筋肉に血液を供給する冠状動脈が詰まる病気) や脳梗塞(脳の血管が詰まる脳卒中) が起こり、死を招く危険が飛躍的に高まるということがわかってきたのです。
このうち、内臓脂肪は、高血圧や高脂血症、糖尿病といったほかの危険因子の元になることから、重要視されています。
一般に、女性は、男性に比べて内臓脂肪が少ないのが特徴です。しかし、皮膚の下に脂肪がついて肥満しやすく、また、血液中のコレステロールや中性脂肪(体内の最もありふれたタイプの脂肪) が多い人も少なくありません。

女性の場合でも、血液中のコレステロールや中性脂肪が多い人は、内臓に脂肪がたまっていることが考えられますから、要注意です。

女性の食生活の特徴は、間食でお菓子や果物の摂取が多いことです。特に、肥満を気にしている人は、ごはんをへらし、その代わりお菓子や果物をふやす傾向がありますが、これでは本末転倒です。
本人はごはんをへらすことでカロリーを制限しているつもりでも、お菓子に含まれる砂糖や果物に含まれる糖分(果糖) が肥満を増長してしまうのです。
ここでいうお菓子は、ケーキやまんじゅうなど見るからに甘いものに限りません。クッキー、菓子パンなども含みます。

人間は、血液中の糖分を体のエネルギー源として使っています。ごはんやパン、砂糖、果糖などは口から入って腸に移動するうちに吸収されやすい形に変えられます。

そして腸から吸収されて血液中の糖分になります。お菓子に多く含まれている砂糖は、ごはんやパンに比べて吸収が速く、食べすぎると血液中の糖分が一気に増加してしまいます。

すると、膵臓からインスリンというホルモンが大量に分泌されます。インスリンが大量すいぞうに分泌されると、脂肪が体にたまりやすくなり、血雫にコレステロールや中性脂肪がたまり、動脈硬化が促進されます。

果物も同じです。果物には、ビタミンやミネラルが多く含まれています。また、食物繊維も多く、便秘の解消にいいということから女性に好まれますが、食べすぎると要注意です。

果物に含まれている糖分も砂糖と同じように吸収が速く、コレステロールや中性脂肪の過剰な蓄積を招くためです。

食べる回数と量を半分に減らすことで摂取カロリーを一気に半分以下に

お菓子、果物を食留場合に最もよくないのは、夕食後に食べることです。昼間は体を動かす機会が多く、エネルギーを消費するので、お菓子や果物を食べてもインスリンの分泌はそれほどふえません。

しかし、夕食後は寝るだけで、エネルギーを消費することがないため、血液中の糖分が消費されにくく、蓄積してしまいます。その結果、高脂血症になりがちです。もちろん、お菓子や果物の食べすぎでコレステロールや中性脂肪の値が高くなるのは女性に限らず、男性にも当てはまります。

間食は、習慣化してしまうとタバコやお酒のように減らしたり、やめたりすることが意外に大変です。意識して量を減らしたり、回数を減らすことでくせになってしまった習慣をあらためることが出来ます。

また、注意しなければならないのは、女性の場合、閉経後にコレステロールが急にふえる傾向がみられることです。これは閉経に伴ってエストロゲンという女性ホルモンが減少するためだといわれています。
閉経後に運動不足になり、あるいは甘いものを食べすぎたりすると、さらにコレステロールがふえるため、特に気をつけなければなりません。

そこで節制が必要になるわけです。砂糖は少なければ少ないほどいいので、お菓子を食べるのを控えるのは当然です。
料理に使う砂糖の量も減らし、紅茶やコーヒーは砂糖抜きで飲むようにしたいものです。また、糖分の多く含まれている清涼飲料水はなるべく飲まないようにしましょう。

果物は、1日の量としてバナナなら一本、リンゴなら半分から3分の2、ミカンなら小さいので2~3個くらいが限度です。それ以外は食べないようにしてください。実行しやすく、しかも効果的な方法は、食べる量と食べる回数を、それまでの半分にすることです。

たとえば、お菓子を毎日食べている場合は過3~4日にへらします。1日に4つ食べている場合は2つにするというようにしてみましょう。

すると、合計で摂取量を4分の1にへらすことができます。糖尿病の患者さんに対して、私は、お菓子を食べるのを1週間で1~2回におさえ、食ベるのを少なくしてその分のカロリーをごはんから差し引くように指導しています。

この方法は、肥満ぎみで、コレステロールや中性脂肪の多い体質の女性には高い効果があるので、ぜひ試してみてください。
お菓子や果物を食べるのをへらせば、コレステロールも中性脂肪も通常なら1~2ヶ月で正常値に戻すことができます。
また、肥満も解消することができます。大切なのは、あせらないで取り組むことです。

コレステロールを下げる食材

コレステロール値の調整