詰まりを防ぐ」カテゴリーアーカイブ

血管の 詰まりを防ぐ ためにはどのようなことに注意したらいいのでしょうか。詰まりを防ぐ食習慣、生活習慣を紹介します。

健康長寿 動脈硬化 を防ぎ 血管を若々しく保つこと

健康長寿 動脈硬化 を防ぎ 血管を若々しく保つこと

健康長寿 動脈硬化 を防ぎ 血管を若々しく保つこと にあります。厚生労働省が推進している『21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)』でも、健康寿命を左右するものとして、第一に血管の老化度を表す血管年齢を挙げています。

健康長寿 動脈硬化 を防ぎ 血管を若々しく保つこと 血栓の原因にもなるアテローム性動脈硬化

私たちが健康に毎日を過ごすためには、血管の状態と血液の流れがいいことが非常に重要です。厚生労働省が推進している『21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)』でも、健康寿命を左右するものとして、第一に血管の老化度を表す血管年齢を挙げています。

ちなみに「健康寿命」とは「WHO(世界保健機関)」が提唱した新しい指標で、介護を必要とせずに自立して過ごせる年月のことをいいます。

血管が老化する最大の原因は、動脈硬化です。動脈硬化とは、動脈が厚く、硬く、しかも内腔が狭くなった状態をいいます。

動脈硬化は始まると急激に進行し、実にさまざまな疾病の原因となります。動脈硬化には、比較的太い動脈に起こる「アテローム性(粥状)動脈硬化」、細い動脈に起こる「細動脈硬化」、三層構造の動脈の中間の膜にカルシウムがたまって中膜が硬くなる「中膜硬化」があります。

その中で最も多いのがアテローム性動脈硬化です。動脈の内側に粥状の隆起(プラーク)ができるのが、アテローム性動脈硬化で、このプラークが血液を流れにくくします。
また、プラークは大変破れやすく、破れたときには血管内で血液が固まって血栓を作ります。

その血栓が、動脈の内腔を塞いだり、血栓が流れてさらに細い動脈を詰まらせたりすると、酸素や栄養分を運ぶ動脈血が流れなくなります。

この状態がどこの臓器に発生するかによって、それぞれの臓器に深刻な病気を引き起こします。なかでも、致命的になりかねないのが、心臓と脳に生じる病気です。

高血圧 糖尿病 喫煙 高脂血症 4 大免除因子

アテローム性動脈硬化の原因となる四大危険因子といわれるのが、

  1. 高血圧
  2. 高脂血症(脂質異常症)
  3. 糖尿病
  4. 喫煙

です。そのほかにも、

  • 肥満
  • 運動不足
  • ストレス
  • A型行動パターン

などが、アテローム性動脈硬化を早める危険因子となります。

A型行動パターンとは、凡帳面で責任感が強く、何事も完璧にやろうとする行動パターンを取る人です。狭心症や心筋梗塞は、A型行動パターンの人に圧倒的に多いといわれています。

完壁に仕事を成し遂げようとするため、常にストレスにさらされ、血圧も上がり、動脈硬化を生じやすくさせるためでしょう。
動脈硬化がある程度進行している場合には、たとえ血液がサラサラでも、血管内で血栓が作られます。したがって、動脈硬化を防ぐこと、ないしは動脈硬化でできてしまったプラークを安定化させて壊れにくくし、血栓ができないように保つことこそが重要なのです。

ここで少し、「プラークの安定化」について説明しましょう。プラークには、血圧上昇などの刺激によって崩れにくいものと、容易に崩れて血栓を作るものがあります。

前者を安定プラーク、後者を不安定プラークといいます。生活習慣病や喫煙の影響を受けると、プラークを覆う皮膜が薄く崩れやすい不安定プラークとなります。

一方、生活習慣を改善して適切な治療を行うと、プラークを覆う皮膜が崩れにくい状態、安定プラークへと変化するのです。

プラークを安定化させるための生活習慣の改善とは、具体的には食生活の改善、禁煙、適度な運動などです。食生活では、果物と野菜、低脂肪乳製品を多くとる「DASH食」をお勧めします。

DASHとは「高血圧を予防するための食事からのアプローチ」の英語表記の略です。高血圧者と健常者のために作られた食事で、4ヶ所のアメリカの大学や、研究所における実験で、その効果が実証されています。

A型行動パターンの人には、ストレスをため込まずに気分転換などで軽減させることも大切です。好きな音楽を聴いたり、散歩やぬるめの湯 ( 38 ~ 40 度 ) での入浴なども、緊張感を和らげてくれます。半身浴です。 半身浴 効果 はこちら。

ただし、入浴時間は15分以内で、上半身・がうっすらと汗ばむ程度がいいでしょう。このような生活習慣の改善は、糖尿病や高血圧、高脂血症などといった動脈硬化の危険因子もなくして、血液サラサラにもつながります。

また最近では、血管拡張の効果が確認されている一酸化窒素エヌオー(NO)を体内で産生する、アミノ酸の一種である L-アルギニン を食品としてとると、心筋梗塞や脳梗塞の予防になるといわれています。

L-アルギニン 塩酸塩はタンパク質を構成するアミノ酸の 1 つで、疲労回復作用のほか、血管を拡張させ、体や脳の血流を改善する作用や、カフェインの覚醒作用を増強させる作用があります。 そのため、 疲労回復や、集中力の維持・改善を目的としたドリンク剤などに配合されています。

また、牛乳成分由来の天然成分LTP(ラクトトリベプチド)も、動脈硬化の進行をおさえるのに有効という研究もあります。こういった、健康食品も積極的にとり入れると、健康的な生活が送れるでしょう。

詰まりを防ぐ

動脈硬化を防ぎ血液サラサラ効果が高い DPA が豊富な ハピネス マンボウ 肝油 マンボウサンQ

カラカラの血管では老化がすすむ!質のいいミネラルウォーターをしっかり飲む

カラカラの血管では老化がすすむ!質のいいミネラルウォーターをしっかり飲む 必要があります。肌が乾燥するということは血管はさらに乾燥しているということでもあります。

奇跡の水と言われるほどの「桜島 活泉水」は科学で効果が証明された

カラカラの血管では老化がすすむ!質のいいミネラルウォーターをしっかり飲む

カラカラの血管では老化がすすむ!質のいいミネラルウォーターをしっかり飲む

フランスのルルドの泉やドイツのノルデナウの水など、世界には「奇跡の水」と呼ばれる天然水が数多くあります。
これらの水は単なる「伝説」と思いきや、中には現代科学で効能がきちんと証明されている水もあるのです。水というと水道をひねれば出る水をイメージしますのでどうしても怪しい臭いがしますが、人の体は60%以上が水です。水にこだわるのが健康の第一歩というのは当然です。

たとえば、フランスルルドの泉やノルデナウの水は、天然の還元水であることがわかっています。優れた還元力で老化や病気の原因になるといわれる体内の活性酸素を除去してくれます。こうした働きによって、血液をサラサラにしたり、血糖値や血圧の改善、さらにはガン予防の効果などが期待できます。なお、本当に効果がある「奇跡の水」は

  1. 活性酸素を除去する還元力を有している
  2. 水の分子クラスターが極めて小さいため浸透力が高く、吸収と排泄に長けている
  3. 水と脂を乳化する力(界面活性力)がある

といった共通点があります。

日本にもあった奇跡の水

日本国内にも、この3つの共通点を兼ね備えた天然水があります。それが、鹿児島県・桜島の高アルカリ温泉水である活泉水です。甘く舌触りのよいこの水は、古くから鹿児島県・桜島で「万病に効く飲む温泉水」として親しまれてきました。

また、現在でも体によいさまざまな効果を持つ水として、多くの方々に愛飲されています。飲み水として活泉水を毎日摂っていたところ、血糖値や血圧、血中脂肪値、体重が低下したなど、多くの方々が多様な不調を改善しているのです。活泉水は、まさに日本の「奇跡の水」と言えるでしょう。

活泉水で実際に体調を改善している体験談

外部サイトにリンクしています。

活泉水は多様な作用がある

活泉水の特徴は、カルシウムやマグネシウム、ケイ素などのミネラル成分を体液に近いバランスで含むこと。水の粒子が一般的なミネラルウォーターの半分以下と非常に小さいため、体内への吸収・浸透がすばやいことです。

通常、釘やクリップなどの鉄製品を水に浸けておくと、サビが生じてしまいます。これは酸化現象という化学反応です。しかし、活泉水に釘やクリップを浸けておいてもサビが生じないのです。なぜなら、酸化還元力を活泉水は持っているからです。

人間の体内にでも酸化現象は起こっています。細胞が酸化することで、老化や病気が発生するのです。したがって酸化還元力に優れた清泉水を継続飲用すれば、細胞の酸化原因となる体内の活性酸素量が減少します。
つまり、活泉水は老化や病気を防ぐ作用が期待できます。

また、活泉水は「油と混じる」というめずらしい特徴を持っています。活泉水に油を入れると、混じって乳化する(油を溶かして白くにごる)のです。すなわち、活泉水を飲用して体内に取り入れると、「血管などに付着した脂肪を溶かす」といった効果がもたらされると考えられます。

このように、他の水にはないさまざまな機能をもつ活泉水は、血糖値の抑制をはじめ、血中のコレステロールや脂肪の排出など、通常の飲用水では考えられないような健康作用を発揮します。

糖尿病に対する有用性も確認された

活泉水の多様な健康作用は、大学の研究機問で行われた実験でも証明されています。実験では、3ヶ月間にわたって1日に活泉水1000ccを5~6回に分けて摂取しながら、1回につき30分程度の歩行運動、いわゆる快適運動を週3回実施しました。

その間に、身体組織や自覚症状などを検証したところ、快適運動+活泉水を継続摂取することで、

  • 基礎代謝が向上する
  • 脂質代謝が改善する
  • 活性酸素量が減り、抗酸化力が向上する

といった作用が確認されました。
逃せないのは、活泉水の糖尿病改善作用です。この水は糖尿病と関わるブドウ糖の代謝を向上させる働きがあることが、実験データによって裏付けされています。

健康を保つにはしっかり水を飲む

人間の身体は、60~70% (成人の場合)が水分です。例えば血液の半分以上は血漿という液体で血漿の90% が水からできています。
そのため、水分がなければ、血液は液体ではなくなってドロドロに。すると、血液の循環が滞りがちになってしまいます。その結果、細胞が酸素不足や栄養不足に陥ったり、老廃物の排出が滞ったりなどし、身体にトラブルが起こりやすくなるのです。

反対に、水分が十分であれば、血液はサラサラに流れ、身体の不調も起こりづらくなります。ちなみに、体内へ吸収された水には体温細胞や酵素の働きを活発にし、身体の新陳代謝機能を正常にする働きもあります。そのほか、体温調節や排便のリズムを整え、副交感神経を優位にし、疲労感や緊張を軽減するリラックス作用も水は担っています。

年齢により体内に水分を保つ機能は低下し、身体の多様な能力を衰えさせていきます。ゆえに、「老いとは身体の水分が減少していくこと」といわれるほどです。ですから、加齢に従って水分の補給を真剣に考えることが強く求められるのです。水分の体外排出とバランスをとるために、1日に1500~2000ccの水をこまめに摂りましょう。

活泉水のように、よい効果を体へもたらす水を選ぶのが得策です。なお、活泉水には優れた利尿作用があります。そのため、飲み続けていると尿の回数が増えていきますが、それは体に溜まった毒素がどんどん排出している証拠です。きちんと効果を得るためにも、まずは3ヶ月以上を目安に活泉水を続けて飲んでください。以前との体調の違いをきっと実感できるでしょう。

さらに ドロドロ血液を防ぐ生活習慣・食習慣 も意識するとより効果的です。

詰まりを防ぐ

ドロドロ だけでない! ベタベタ ギュウギュウ ギトギト スカスカ 血液はリスクが高い

ドロドロ だけでない! ベタベタ ギュウギュウ ギトギト スカスカ 血液はリスクが高い

ドロドロ だけでない! ベタベタ ギュウギュウ ギトギト スカスカ 血液はリスクが高い ので注意です。ドロドロだけがリスクではありません。
突然死の現状という日本心臓財団のページを見ると、原因となるのは、圧倒的に心・血管系疾患に関係するものになっています。確かに突然死を招く重大な病気の原因となるのが、高血糖、高脂血症などの血液異常です。
さらさら血液にすぐに戻したいところですが、症状によってその解消法が異なるのです。

突然死のほとんどが血液異常による ドロドロ だけでない! ベタベタ ギュウギュウ ギトギト スカスカ 血液はリスクが高い

秋~冬にかけて最低気温がぐんぐん下がる時期は突然死の発症率も比例して増加します。その突然死の死因を調査すると、9割以上が血液の異常により引き起こされています。冬に向けてこの血液の異常を正すことができれば突然死は予防できるということになります。
血液の異常とは具体的にどういったものを言うのでしょうか?大きく4分類することができます。血液のよくない状態を「ドロドロ」とあわらしますが、もう少し具体的にいうと4つになります。ちなみにドロドロ血液の原因のひとつは低体温です。体を温めることもとても大切です。
では早速、血液を具体的に4つに分類します。

  1. 糖分が過剰でベタベタ血液
  2. 脂が過剰でギトギト血液
  3. 血が濃すぎるギュウギュウ血液
  4. 血が薄すぎるスカスカ血液

です。この4種類の血液異常はそれぞれに異なる原因から引き起こされているわけですから、解消法も異なるのが当然です。ひとくちに血液をさらさらにするといっても血液の状態によって最適な方法を選ばないと逆効果になる場合もあるのです。

ベタベタ血液(糖分過剰)

こんな症状は要注意

  • 寝る前に空腹感がある
  • のどが渇く
  • 疲れやすい
  • 食欲はしっかり
  • トイレが近い

5つの症状のうち、2つが当てはまると「ベタベタ血液(高血糖)」の疑いがあります。
高血糖の原因は、脂質の摂りすぎ、運動不足ですが、特に冬は、暖房や厚着が体内のエネルギー代謝を悪くし、血糖値を上げてしまいます。これが糖尿病、腎臓病、脳梗塞などの原因になります。

天然繊維の肌着で血糖値が安定

人の体は、冬になると、血液を濃くする傾向があります。血中の糖分を多くして体を温めるエネルギーをつくろうとするのです。冬を越すために動物は肥えているのもこれと関連しています。したがってこの時期、ベタベタ血液を解消するには、暖房を弱め、薄着を心がけるのがよい方法です。体内から温めるために、血液中の糖分を代謝する働きが活性化し、高血糖を改善できるわけです。また、肌着は化学繊維よりも天然繊維のほうが、静電気によるストレスが少ないため、血糖値を安定させます。

食事は和食で酢の物を先に食べる

血液を糖分でベタベタにする最大の原因は、何といっても、高脂肪・高カロリーの食生活にあります。必要以上に摂取されたエネルギーが、糖のかたちで血液中にためこまれてしまうからです。したがって、ベタベタ血液をサラサラにするには、低脂肪・低カロリーの食生活を実践するのが最善の方法。
伝統的な和食ならば、この条件にぴったりです。なかでも酢の物は糖質の吸収速度を抑えるので、最初に食べておくと血糖値の急上昇を防ぐことができます。酢の物を作ることが難しい場合は、食前に酢を飲むといでしょう。黒酢についてはこちら

ギトギト血液(脂質過剰)

こんな症状は要注意

  • 階段で息切れ
  • 食事を残すことが嫌い
  • 肉料理が多い
  • お酒が好き
  • ストレスが多い

これらのうち、2つ以上が当てはまるという人は、「ギトギト血液(高脂血)」が疑われます。血中の脂肪は、ある程度は必要なのですが、多すぎると、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞につながり、たいへん危険です。50歳以上の女性の場合、総コレステロールの平均値でも要注意ラインを超えていますから、とくに警戒が必要です。

20分の散歩で脂肪を燃焼し、ストレス解消

余分な脂肪をためこまないようにする、というのが「ギトギト血液」を解消する重要なポイントになります。そのためにも注意したいのが、ストレスをためないということです。体内の余分な脂肪は、マクロファージという免疫物質が食べて排出する役割をになっていますが、ストレスがたまるとマクロファージの働きが鈍り、脂肪の排出が滞ってしまうのです。
その点で、冬はとくに注意を必要とします。というのは、寒さからくる外出不足、冬枯れによる色彩不足など、知らずしらずのうちにストレスをためる要因が少なくないからです。
この時期、ストレスを発散する効果的な方法としては、散歩がおすすめです。それも目的を持たないブラブラ散歩が最適です。常緑樹など緑の多いところを歩けば、色彩の効果もストレス解消を助けてくれます。また、20分以上歩けば脂肪燃焼にも効果的です。

ギュウギュウ血液(多血)

こんな症状は要注意

  • 眠れないことがよくある
  • 手のひらが妙に赤い
  • 肩がよくこる
  • 目が充血することがある
  • 尿の色が濃い

これらのうち、2つ以上に心あたりがある人は「ギュウギュウ血液(多血)」の可能性があります。血液中の赤血球が異常に多すぎる状態を多血といいます。とくに冬場など、水分の摂取量が少なくなると、赤血球の割合が高くなり、ギュウギュウとひしめきあっているような状態になりがちです。この状態を放置すると、心筋梗塞、脳梗塞、脳血栓などを引き起こす原因になりかねません。

1日1リットル以上の水分補給

ギュウギュウ血液の原因は、おもに血液中の水分不足なのですから、改善するには、とにかく水分を補給することです。水分であれば、お茶でもジュースでも、もちろん水でもかまいません。ただしアルコール類は、利尿作用が強く、逆に水分不足を招くことになりかねないので、ここでは除外します。
飲む分量は、最低でも1日に1リットルは必要です。ただし、それを一度に飲むのではなく、少しずつ取るのがコツ。体内に、つねに十分な水分を保つようにすることがポイントです。
水分摂取は回数、温度、量にこだわるが参考になります。

風邪をひいてしまったら水分摂取を多めに

風邪をひいたときも、水分補給はたいへん重要です。というのは風邪をひくと、肺機能が低下することから酸素の摂取量がふだんよりも少なくなり、血液中の赤血球が増加して「ギュウギュウ血液」の状態が進んでしまうからです。さらに、発熱があった場合、発汗などでますます水分不足になってしまいます。
したがって、風邪をひいたらかならず多めに水分を補給することが必要です。また、体内の水分不足が風邪を招いている場合もあります。冬に風邪が流行する原因のひとつは、空気が乾燥するからです。「冬になると風邪をひく」という人は、予防のためにも多めに水分を補給するとよいでしょう。

スカスカ血液(貧血)

  • 忘れをよくする
  • ボーッとすることがよくある
  • 疲れやすい
  • あくびをよくする
  • 爪の色が白っぽい

これらのうち、2つ以上が当てはまる人は「スカスカ血液(貧血)」の傾向があるかもしれません。「スカスカ血液」は赤血球が不足しているわけですから大変危険な状態です。
貧血の患者数は、近年、増える傾向にあって、現在、中高年女性のほぼ3人に1人が貧血ぎみであるといわれます。女性の場合、さまぎまな体調不良から「スカスカ血液」の状態におちいりがちですから、それが慢性化しないよう注意が必要です。

栄養補給と日光浴

「スカスカ血液」改善の第一歩は食事の工夫です。まず、赤血球のもととなる鉄分を多く含む食品(ヒジキ、ノリ、アサリ、レバーなど)を積極的に取ること。また、鉄分の吸収を助ける働きのあるビタミンB6(サバ、マグロ、バナナ、さつまいも)など、ビタミンB2(シジミ、牡蠣、スジコ、タラコ)を同時に摂るようにします。そして冬は特に積極的に太陽に当たることで体内にビタミンDが生成されて骨の形成を促進。その骨が赤血球をつるからです。1日10分で十分に効果的です。
鉄不足でめまい・貧血が起こり、集中力や思考力が低下する

詰まりを防ぐ